急にお金を借りることの是非について

気軽にキャッシングをして借金返済で苦しむ

少し長めの海外旅行をした際に、知らない間にクレジットカードのキャッシング機能を使っていて、その後「借金生活」になってしまったことがありますね。

 

いやまあ「知らない間に〜」とか言いましても、ただ単に私がしっかりと英文を読んで把握していなかっただけで、クレジットカードのキャッシング機能を使ったのは紛れもない事実なのですけれど。

 

だって海外には日本のコンビニ並みに〜とは言わないまでも、わりとどこの街角にも、クレジットカードのキャッシングができるATMが設置されていますからね。
銀行が空いている時間に行けなかった時、そして現金が乏しい時などには、「あ!現金が引き出せるところがあった!」と、キャッシングができるATMを使ってしまいますよ。

 

それでもちろん英語表記ですからテキトーにピッピと押して、そしてキャッシングしてしまったのです。
とは言ってもそれほどの金額を引き出したわけではないのですが、利子も合わせますとトータル20万円をクレジットカード会社に支払うことと(正確に言えば返す)なったのですよね。

 

ボーナスを使っての海外旅行だっただけに、キャッシングで引き出した現金の返済は本当に大変でした。
毎月の給与なんて生活費で消えていくのに、その上にさらに借金の返済が毎月3〜5万円のせられたのですからね。

 

本当に生活はカツカツでしたが、次のボーナス全額払いで返済できたので良かったです。
けれども借金完済までの約5ヶ月は、本当に辛い日々でした。副業もしましたし。