急にお金を借りることの是非について

借金体験談記事一覧

私はヨーロッパの企業に勤務していたことがあります。ヨーロッパで働くことが決まった時に、準備金など一切なかったため、両親から借金をしました。現地での生活を準備するために、その借金を使いました。ところが、ヨーロッパでの物珍しいものにお金を使ってしまうことで、両親からの借金も残り少なくなってきました。そんな時に、一緒に会社に入社した同僚が、利用しているヨーロッパの銀行では30万円程度までなら誰でも銀行の...

借金は、なるべくなら早く返済できるなら返済した方がいいと思います。それは利子がなかなか減らなく毎月支払っても元本はあまり減っていないことが多いからだと思います。例えば1万円払ったとしても元本に1万円支払ったわけではありません、元本と利子が入っているので支払っても支払っても減っていないので驚くほど減っていないのでどっと疲れが出てきます。毎月支払い続けいつになったら終わるのと思いながら生活していくのは...

借金返済の為に家具や家電を全て売ってしまった事があります。どうしても借金返済の為のお金が用意出来なくて、何とかしようとリサイクルショップへ行ったのですが一つ二つではまったくどうにもなりませんでした。なので家にある家具、家電を全て買取してもらいました。家具や家電を売った直後は三か月分の返済金くらいになったので、お金にかなり余裕が出来て喜んでいたのですがその後すぐに後悔する事になりました。冷静に考えれ...

母が入院しました。そのせいで私は借金をしたのです。私だけではありません。妹も友人に借金をしてくれました。私は友人と、会社の同僚に借金をしてお金を集めたのです。友人はその半分も借りる事ができませんでしたが、何とか母の入院費を払う事ができたのです。今は母退院しましたが、しばらく働く事ができません。病気だけではなくて、過労も入院する原因の一つだったのです。父がいないので、親子三人で頑張って暮らしてきまし...

カードローンやキャッシング商品では、最長返済期間が設けられています。商品によって違いはありますが、概ね最長10年弱程度の返済期間になっているケースが多いです。つまり、借入をしてから何年もかけて少しずつ返済していくことも不可能ではないのです。ただし、返済期間が長くなると負担する利息額も増えてしまいます。返済期間を長めにしている場合は、時々元本の残高を確認してみることをお勧めします。カードローンやキャ...

僕が借金をしたのは、自分の浮気が原因で彼女から家を追い出された時でした。貯金がゼロで近くに知人もいない状況でした。そのため、どうにかしてお金を作らなければと思い手を出したのが、消費者金融です。当時、仕事もしていたため安定した収入があったので、すぐに返済できると思い借り入れをしました。そのお金をもとに、賃貸の契約をして一人暮らしをスタートさせました。後から気づくことですが、これは一人暮らしスタートで...

銀行という言葉は、本来であれば公的な中央銀行を指します。我が国においては日本銀行がそれということになります。しかし、私達が普段利用している銀行は日本銀行ではありませんね。公的であれ民間であれ、様々な銀行があります。銀行法上では普通銀行とされている銀行のことです。銀行には多くのローンサービスがあり、大きなものでは住宅ローンやマイカーローン、小さなものではカードローンやキャッシングなどがあります。メガ...

半年程無職だった時に、キャッシングを利用して生活をしていました。会社都合で退職をし、転職活動をしていたのですが、中々良い転職先が見つからずにいました。一人暮らしで貯金がほとんどなかった為に、経済的に苦しくなりキャッシングでお金を都合するようになりました。新しい勤め先が見つかるまで半年程かかり、その間に50万円程キャッシングでお金を借りました。今は働きながら返済をしています。本業のお給料だけでは返済...

少し長めの海外旅行をした際に、知らない間にクレジットカードのキャッシング機能を使っていて、その後「借金生活」になってしまったことがありますね。いやまあ「知らない間に〜」とか言いましても、ただ単に私がしっかりと英文を読んで把握していなかっただけで、クレジットカードのキャッシング機能を使ったのは紛れもない事実なのですけれど。だって海外には日本のコンビニ並みに〜とは言わないまでも、わりとどこの街角にも、...