急にお金を借りることの是非について

消費者金融からの借り入れについて

私は以前、消費者金融から借り入れを行ったことがあります。
その当時、お金に困っていたこともあり、某消費者金融からキャッシングをしたのがそもそもの始まりでした。

 

借り入れ当時は、融資額が30万からのスタートだったので、利子もそこまで高くなく毎月の返済も滞りなく行えていました。
私が消費者金融から借り入れを行っていた理由はギャンブル等ではなく純粋に生活費の足しにするのが目的でした。特に贅沢をしていた訳ではないのですが、月の給料が安かったこともあり、生活費として借り入れを行っていました。

 

最初は月に借りても1万〜2万程度であったのですが、借り入れができるという余裕から自分のお金ではないのですが、余裕があると勘違いして借り入れの額が大きくなっていきました。
毎月固定金額を返済していたので、月の返済もそこまで負担になることもなく、借金が増えている感覚があまりありませんでした。しかし、月の返済がいつの間にか3万を超えだしたころから急に借金が重く感じるようになりました。
返済が3万なのですが、その内の利息が約半分を占めており、返済額は全部で100万を超えていました。今は、何とか生活を引き締めてながら返済していますが、3桁を超える借金ともなると利子もそれなりに高くなるので、本当にきついです。

 

 

個人の借金と国の借金

先日、某テレビ番組で日本の借金が年々増加しているという話をしていました。
現在、日本国は大赤字ですが、個人資産がかなりあるので、万が一の場合は個人資産で日本の赤字を解消すれば、おつりが出るくらいになるというような話をしていました。

 

日本のために個人資産を強制的に返還させるというのもどうかと思いますが、破たんする前に何らかの対策を取ってもらいたいものです。

 

個人が破たんして自己破産するのとはレベルが違いすぎます。
自己破産は結局誰かがその尻拭いをしなければなりません。

 

破たんして借金を帳消しにするのではなく、少しずつでも借金を返済していく方向性を考えて実行していくべきだと思います。
そうでないと、日本国も個人も、もしダメでも破たんして誰かに払ってもらえればいいや、という甘い考えに陥ってしまうのではないかと思います。

 

その甘い考えがある限り、借金はさらに増えていくことでしょう。
自己破産や国が破たんしてしまったら、結局最終的にはその代償はかなり大きいものになってしまいます。

 

日本人の資産家もそこまでお人よしではないと思うので、甘すぎる考えであれば、容赦なく切り捨てるかもしれません。
某法案の強行突破で他国への協力をする前に、まずは自国内の問題を解決するほうが先決だと思います。
まずは自分の国をきちんとしなければ、他国を救うことはできないでしょう。

 

 

日本の借金、消費者金融を取り巻く事情

借金をするという事は、自らの信用を先貸しにして金銭を得るという行為です。
分かりづらいですが、カードで買い物をすることも短期的ではありますが借金です。
借金に関して、ネガティブな印象を持たれる方もいるかもしれませんが、適材適所、しかるべきに借り入れすれば心強い味方ともなり得ます。

 

今現在、テレビを見ていると朝夜の時間帯関係なく消費者金融のCMが流れています。
利益が生まれていなければ、このように大体的に広告を打てません。
つまり、それほど利用者が多いという事です。

 

その一方で、過払い金返還の弁護士事務所のCMなどが広く流布されています。
これは、上述の消費者金融の各会社の借り入れ時の金利に原因があります。
グレーゾーン金利と呼ばれる、高金利が少し前までは規制されていませんでした。

 

今は、その時に借り入れしていた人たちの大多数は、不当に返済金を多く支払っていたという判断がなされているため、弁護士事務所もこぞって過払い金返還のCMを打っているのです。
さて、このように我々の身近に存在する消費者金融ですが、どうしても借金が返せない事態になることがあるかもしれません。
その時は先に述べたように弁護士事務所の過払い金返還などの対処法を試してみるのも手ではあります。
しかし出来るなら、借りなければいけない時には借り、きちんと返済するといった行動を心がけたいですね。

 

 

気付かずに借金をしているのが怖い所です

友人や知人、金融機関から借金をする場合は、借金をしているという自覚を持つ事が出来ます。
ですから借金をこれ以上増やさないようにと、考える事が多いと思います。
ところが知らず知らずの内に借金をしてしまっている場合は、借金をしているという自覚がないので、借金額が膨らんでしまう恐れがあるのです。
現代は自分でも自覚をしない内に、借金をしてしまう事が良くあります。

 

その一つがクレジットカードです。
クレジットカードでお買い物をすると、その場で代金を徴収されるのではなく、後日代金を徴収される事になります。
詰まりお買い物をした段階では、一時的に借金をしているのと同じなのです。

 

ですがクレジットカードを使っている時に、自分が借金をしていると言う自覚を持っている人は、恐らくいないと思います。
だからこそクレジットカードを使っていると、ついつい買い物をし過ぎてしまう事が多いのです。
また最近はFX投資をしている人が増えていますが、FXは口座にあるお金以上の取引をすることができます。

 

これをレバレッジと言うのですが、この場合証券会社から借金をして取引をしているのと同じです。
このレバレッジもクレジットカードと同じように、自分が借金をしていると言う自覚は薄いと思います。
この様に現代は自分でも気が付かない内に借金をしている事がありますから、無自覚で借金額を増やして借金苦を味わないように注意した方が無難です。

 

 

リボルビング払いはよく考えて

学生時代はクレジットカードの使用は出来るだけ控え、キャッシングなどもってのほかと言う態度で生活していたものの、社会人になって、一定の収入を得るようになると、反って金銭に対する緊張感が薄れてしまったりする人もいるでしょう。
自分もまた典型的なその状態に陥ってしまいました。

 

社会人も2年目ぐらいになると、緊張感に緩みが生じ、なまじ安定した収入があるだけに、ちょっと借りる程度なら大丈夫という感覚で、キャッシングという名の借金を頻繁にするようになりました。自分ではそんなに借金しているイメージはないものの、やはり返済が徐々に苦しくなってきます。
そうなるといわゆる「後リボ」と言う、後からのリボルビング払いに変更出来るシステムが目に入ってきます。

 

リボルビング払いは月々の返済額が一定ですので、最初は大変助かるわけです。しかし当然罠が待っていますね。
1ヶ月の返済額は定額且つ低額でいいのですが、当然「利子」が馬鹿みたいに付きますし、毎度リボ払いに変更していると、借金の元金がどんどん増えていくわけです。
そして利子もまた増える。
典型的な悪循環ですね。

 

さすがにこれはマズイと思い、親に頭を下げ、一括して元金を返済しました。
そして後から見ると、最終的には元金の倍近くの利子を払う羽目になりかねなかったと知り、愕然としました。リボルビング払いは窮地を救ってくれるようで、地獄への入口になりかねないということです。
勿論、元金を短期間に一括で返済出来る予定があるならば使い勝手はいいですが、やはり注意しなくてはならない借金の仕方だと思います。

 

 

関連サイトの紹介

 

今すぐお金を借りるならどこがいい?はっきり正直に答えます。

 

こちらは管理にが運営する姉妹とです。
今すぐ!という時にお金を借りるためには、どこで借りればいいのか?審査は?どんな書類が必要になる?といった疑問について、参考となる情報を公開中です。
また、人気の高いキャッシング、カードローンについても紹介しています。
即日融資の可否、金利、収入証明書の有無など、人によって希望する条件は異なりますが、それぞれに最適な借入先を判定するためのフォームも設置しています。
参考になると思いますので、興味のある方は、ぜひ訪問してみて下さい。

更新履歴